心臓病が3分でわかる
トップページ > 弁膜症が3分でわかる > 武田鉄矢が心臓疾患で手術

武田鉄矢が心臓疾患で手術

俳優で歌手の武田鉄矢(当時62歳)が心臓病のため2011年10月21日に都内の大学病院で手術を受け無事成功したと所属事務所が発表した。

武田が患っていた心臓病は大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)という弁膜症。武田の場合は1000人に1人いるとされる先天性(生まれつき)で通常3枚ある大動脈弁が2枚しかない先天性二尖弁(にしょうべん)という疾患を抱えていた。

大動脈弁狭窄症が進行していくと心不全や突然死に至るとこともあるという。
 

スポンサードリンク
 
病気が発覚したのは10年ほど前に不整脈で心臓の検査したところ二尖弁が見つかった。しかし生活に支障がでるような症状はなかったので当時は手術をせずに経過観察となった。

但し医師からは狭窄症がいずれ進行したら手術を考えるように言われていた。

今回は、武田は長年主演してきた金八先生の収録が終了と年齢的な問題もあり、体力のあるうちにと奥様と相談して結果、仕事のスケジュールを調整して計画的に手術を受けた。

武田鉄矢今回、武田が受けた手術は問題のある弁を切り取って人工弁に換える置換手術。

胸骨正中手術により胸を開き心臓の動きを止めてから行われる大手術だが成功率は99%以上になる安全な手術である。

手術は朝9時からはじまり5時間前後で無事に成功。手術後の武田はICU(集中治療室)に3~4日間入ってから一般病棟に移ったという。

一般病棟では1~2週間ほどリハビリなどを行い退院に向けて調整していく。

武田は11月上旬に退院しており、その後は順調に回復をして芸能活動に復帰。テレビのトーク番組では自身の心臓手術について体験談を語ったりしている。
 

スポンサードリンク