心臓病が3分でわかる
トップページ > 狭心症が3分でわかる > 狭心症が起こる原因は色々

狭心症が起こる原因は色々

狭心症とは何らかの原因で冠動脈の内腔が狭くなったり、痙攣(けいれん)を起こすことで血流が悪くなると発症します。

発作を起こすと心筋が酸欠状態となるため、心臓付近に強烈な圧迫感や胸痛といったいわゆる狭心痛が起こります。

狭心症が起こる原因として考えられているのは、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧などに引き続き起きる動脈硬化です。

動脈硬化とは血管内腔に脂質やコレステロールが溜まり、これが血管内がドロドロとした状態となる粥状化(じゅくじょうか)を引き起こして血流を悪くするのです。
 

スポンサードリンク

動脈硬化が狭心症の引き金になるということは、食事や飲酒、喫煙、生活習慣の影響を受けて発症しやすいことがわかります。生活習慣を改善することが狭心症の予防にも繋がるのです。

狭心症にはいくつかの種類があり、発作を起こすタイミングや症状は様々となります。

労作性狭心症

運動の直後に起こることが多く、心臓付近を中心に圧迫感や痛みに襲われます。どのようなタイミングで発作が起こるということはわかりませんが階段の上り下り、喫煙、食事をする、興奮や緊張、ストレス、精神的ショックなどでも起こります。労作狭心症の発作は数分程度で安静にしていれば自然に改善されることが多いようです。
 

安定性狭心症

安定狭心症は狭心症の中でも比較的に軽度な症状なのが特徴で周期的に軽い発作が起こることがあります。たとえば緊張すると決まって軽い発作が起きますが数分ですぐに治まってしまいます。

安定狭心症の血管内部を見てみるとプラークが石灰化して崩れにくくなっているのが特徴です。もちろん定期的な検査は必要ですが突然心筋梗塞に移行することは比較的に低いと考えられます。
 

不安定性狭心症

不安定狭心症は痛みが特定の場所に現れないという特徴を持っています。鎮静化したと思えば急激に症状の悪化が見られるなど非常に不安定な狭心症です。このタイプの冠動脈の内腔は狭くなっているほかにプラークが崩れやすい状態なっていて痙攣(けいれん)を起こしやすくなっています。

不安定狭心症の3分の1が心筋梗塞に移行するといわれているため、入院して心筋梗塞と同様の管理が必要となります。
 

血管攣縮(れんしゅく)性狭心症

冠動脈が痙攣(けいれん)を起こすと一時的に血管が狭窄が生じて発作が起こることがあります。これを血管攣縮性狭心症といい日本人に多く、夜間や明け方など就寝中といった安静時に発作が起こるのが特徴です。安静型狭心症または異型狭心症とも呼ばれます。
 

無痛性虚血性心疾患

狭心症の発作の中には数十秒の発作ですぐに症状が治まってしまい病気に気付かない人がいます。

とくに高齢者や糖尿病患者の場合では痛みの感覚が低下していることで狭心症を起こしていても本人が気付かないケースがあります。

この症状を無痛性虚血性心疾患と呼び、最近では増加傾向にあるので注意が必要です。
 

スポンサードリンク