心臓病が3分でわかる
トップページ > 心筋梗塞が3分でわかる > 徳光和夫が急性心筋梗塞で緊急入院

徳光和夫が急性心筋梗塞で緊急入院

2001年6月にフリーアナウンサーの徳光和夫(当時60歳)が急性心筋梗塞で倒れ緊急入院している。

手術時、徳光さんの心臓の冠状動脈が完全に詰まっていて、あと少し治療が遅れていたら死亡してた可能性が高かったという。徳光さんは心筋梗塞の発作から16時間経過していたため、その後は3日間をICU(集中治療室)にて24時間体制の治療が行われた。
 

スポンサードリンク
 
徳光さんは心筋梗塞の前兆のようなものがあったと話している。ある日、趣味のゴルフを終えて夕食をとりながら仕事の打ち合せ中、なぜか食事が美味しく感じず食欲もなかったという。その後、徳光さんは胃もたれのような不快感を訴えこの症状は増々酷くなっていった。

この頃の徳光さんは多忙スケジュールかつ不摂生が当たり前で、健康に気を遣うということが既に不健康であるといっているくらいだった。またヘービースモーカーで毎日4箱80本を吸っていたという。

徳光和夫さらに週6本のレギュラー番組を持ち休みはなく睡眠時間は1日4~5時間、また食生活では魚介系の肝や卵、天ぷらなど脂っこいものが大好きだったという徳光さん。

順調に回復していった徳光さんは退院間近になって主治医から「今後タバコを1本でも吸ったら命の保障はありませんよ」と言われ禁煙することになった。

その後、入院した6月末には無事退院をしています。ちなみに徳光さんがMCを務めてた「24時間テレビ」は、この年だけ「みのもんた」さんが代行をしている。

また心筋梗塞から10年後の2011年には「24時間テレビ」で70歳にて63キロマラソンに挑戦して見事に完走を果たしている。
 

スポンサードリンク